「目の前の患者にとって一番大事なことは何か?」に拘りたい

0
286

馬木良文先生(あおぞら内科 院長)

この度、徳島県吉野川市にある、あおぞら内科院長の馬木良文先生にお話を伺いました。

ーご施設の特徴について教えてください

当院は「一人ひとりの命の輝きを大切にすること、尊厳を持って生きていく、そんな願いのお手伝いができること」を目標に2010年に開院しました。
午前は内科診療を行い、午後は訪問診療に特化しています。
地域に密着した内科診療と、神経内科医として専門医療を提供するとともに、末期癌患者さんに積極的に関わり、訪問診療、訪問看護と居宅介護支援を通じてより良い在宅医療を提供しています。

ー在宅医療に携わるようになったきっかけは何ですか

勤務医の頃は神経難病や摂食嚥下障害が専門で、「呼吸、摂食嚥下のリハビリをどうするか?」ということを主にやっていました。家に帰るためにはそれが重要だからです。そこから在宅医療に興味を持ちました。
開院した当初は神経難病の療養がメインでした。次第に末期癌の方や、高度障がいを持った方、医療的ケア児(生活する中で“医療的ケア”を必要とする子供)も診るようになりました。
在宅での看取りも、癌だけでなく認知症終末期の方にもたくさん関わっています。
在宅医療では訪問診療と訪問看護で両輪だと思っています。

ー実際やってみてどうですか

在宅医療は「顔の見える関係」ですが、そこに理念や目標がなかったら全然うまくいかないと思います。困難な事例を診ればみるほどそう感じます。
「尊厳を持って生きていく」というのは、「一人の人として、価値ある人間として大事にされる」ということです。そのお手伝いをしたい、それが一番の目標です。
「その人にとって一番大切なことは何か?」、そういうことに拘りたいと思ってやっています。

ー最後に一言お願いします

昨年、療養通所介護の施設を立ち上げ、人工呼吸器をつけたALS(筋萎縮性側索硬化症)の方や、医療的ケア児の中でも特に重症の子供を専門的に診るデイサービスを創りました。
これをもっともっと充実させて、ケアを提供する人と受ける人という関係じゃなく、ここは一緒に生きていくための「一つのコミュニティ」であると考えてやっていきたいと思っています。
今後も色々と展開していきたいですね。

馬木良文先生 プロフィール
略歴 平成3年3月 徳島大学医学部卒業
平成3年6月 徳島大学医学部附属病院第一内科入局
平成4年4月~ 四国中央病院など、関連病院にて研修
平成12年7月~ 国立療養所徳島病院(現・独立行政法人国立病院機構徳島病院)神経内科勤務。神経難病、在宅療養、摂食・嚥下障害などに興味を持つ。
平成22年5月15日 あおぞら内科開院 内科・神経内科
資格・所属 日本内科学会 認定医
日本神経学会 専門医・指導医
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会認定士

 

ー編集後記

馬木先生の在宅医療、終末期への取り組みへの揺るがない信念を感じるインタビューとなりました。 患者様一人一人に対しての尊厳を守る先生の姿に感動致しました。(編集後記:カミ)

青5B

馬木先生がお使いの医療機器はこちら