医師自身の体力も在宅医療の一つの課題!!!

0
416

2月15日に日本医師会が発表した「かかりつけ医機能と在宅医療についての診療所調査」によると、「在宅医療を実施する上で特に大変こと」では「24時間往診体制をとること」が73.5%で最も多く、次に「医師自身の体力」が69.1%でした。

「医師の体力の問題で在宅医療から撤退する診療所もある。負担軽減が必要」と主張した。尚「地域でかかりつけ医と看護・介護職が連携し、入院・入所や在宅ケアを必要に応じて柔軟にできるようにすることも重要」と指摘している。

(調査報告)http://dl.med.or.jp/dl-med/teireikaiken/20170215_1.pdf