患者の不安を1つでも取り除けるように

0
394

山村 昌康 先生 (医療法人山村歯科医院 理事長)

この度、大阪狭山市にある山村歯科医院 理事長 山村先生にお話しを伺いました。

ーご施設の特徴について教えてください。

当院は、歯科医院として「口腔機能の健康維持・増進」及び「機能回復」を行っています。 ADL(日常生活動作)とQOL(生活の質)の向上を目指した治療と予防を目指しています。

ー在宅医療に携わるようになったきっかけは何ですか?

二十数年前、私は大阪狭山市の障害者施設で、ハンディキャップがある子供達の歯科検診をボランティアで行っていました。 その時に、口腔機能の重要性を知り、「口腔内が正常な状態ではない」という事が、いかに大変かを知りました。 年数が経つにつれ、当院のかかりつけの患者さんが自宅療養や病院療養をするようになり、「口腔内を正常に保って頂きたい」との想いから、往診をするようになりました。

ー実際やってみてどうですか?

実際に感じたことは「在宅で出来る範囲は思いのほか狭い」という事でした。 可能であれば、車椅子または介護をしてもらいながらでも、当院で治療を受けて頂きたいのが本音ですが、それが難しい場合は、在宅で出来る範囲で最高のパフォーマンスをだせるように試行錯誤しながらやっています。

ー最後に一言お願いします。

これからは、我々が経験したことが無い様な超高齢化社会を迎えます。 なので「手探りの中での医療行為」になっていかざるをえないでしょう。 人は高齢者になっても、豊かな人生を歩みたいと思っているのは事実です。 そのために「不安をひとつでも取り除けるように」当院は対応していきたいと思います。

山村 昌康 先生 のプロフィール
平成元年 徳島大学歯学部卒業

現在   歯科医師臨床研修施設
     近畿大学医学部付属病院歯科口腔外科出向先
     大阪府立急性期医療センター歯科口腔外科出向先

 

ー編集後記

患者様の為に常にチャレンジをし続けている山村先生に熱い気持ちを感じました。陽のあたるとても素敵なクリニックもとても印象的でした。(編集後記:カミ)

青5B

山村先生がお使いの医療機器はこちら